読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

Google Font Directoryが拓く、Web上のテキスト”表現”

まじめ ウェブ・技術 便利ツール 新しいメディア・WEBサービス

Googleが現在開かれている”Google I/O”というデヴェロッパ向けイベントで、

Font Preview - Google Font Directory.

というのを発表。

これ、そうとうWebの世界を変えるんじゃないかと。

ご存知のようにWebサイトのフォントというのは、ブラウザによってサポートされているものに縛られる。なので、モリサワフォント的なものはもとより、対してその文章にあった”表現”としてのフォントを選ぶことができなかった。

以前、韓国のブログサービスのマネタイズの成功例として、「Web Fontの有料提供」というのがあった。

有償ながらブロガーが自分の好きなフォントを選べるというサービス。

ブログというのは当然文章自体がそのブロガーのキャラクターを表現しているものなのだから、その文章をもっとも表現するであろうフォントを選ぶだろう、という、なるほど!なサービスだった。

今回Googleが提供したサービスは、ブログのみならず、ニュースサイトなども含めて、ブラウザ内で”表現”される文章が多様で豊かになるに違いない。そして読みやすく。

Googleはいわゆる”表現”の領域においては弱いとおもわれがちだが、今回はWeb上でのエディトリアルデザインに、大きな影響を与えそうだ。

今は日本語フォントもないが、きっと将来的には、ユーザーやクリエイターが作ったフォント(User Generated Font? w )を互いに公開、シェアできるようにもなるのだろう。