読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

いい話。でもこれはGoogleっぽくないな。

つらつら

えーと。

もう6日ですが、あけましておめでとうございます。以上。

と、新年のあいさつは短めにさせていただきまして。

さて、宣伝会議はブレーンに掲載されたこの記事。 GoogleのAPACのCCO - 真ん中の"C"はこの場合は Creative です - のお話です。

グーグルCCOが語る「ユーザーと価値観で通じ合う広告主たち」 | ブレーン 2014年2月号.

全体的に、ソーシャルメディア全盛期、特にYouTubeを中心としたユーザーとコンテンツの関係について語られています。

例えば、

「人が優れたコンテンツを見つけているのではないということ。真実はその逆で、優れたコンテンツが人を見つけるのです」

といったくだりなどは、YouTubeのように関連動画を導き出してユーザーに提示する仕組みなどがあるとまさにそのとおりですし、

「ブランドのコアとなる価値観がコラボレーションする相手ときちんと共有できているか。」

とか、

「コンテンツクリエイターたちは、基本的に「自分の好きなモノやコト」を誰かに伝えることに専念しており、それに同意した人たちが集まってきて、「好きなモノ」でつながった"部族"のようなコミュニティができているのです。ブランドも同じようにしなければなりません。」

といったくだりなどは、私自身も、マーケターが切り分けした segmentation からターゲットをとらえるだけでなく、人々の connection によって構成された tribe の重要性をセミナーなどで話をすることがあります。

なので、この記事に書かれている話は一般的にはいい話です。多少、もう使い古された言葉というか、考え方の焼き直しなような感じもするので、(これはよくあるんですが)Google含むIT/プラットフォーマーにレガシー系代理店出身者がやってきて、転向した瞬間によく話をする内容な気もします。というか、この手の話、何回繰り返されてるんだ?

それはともかく。

この記事についての違和感、というか、これでいいのか?と思ったのは、この記事の内容が、日本でもPR業界だとかコミュニケーションプラニング/デザイン業界で言われてるような話そのままであって、「ニュースを作れ」だとか、「オンラインは会話する場」だとか、別にGoogleが語らんでもええがな、と。

どうも全体的に、「面白いネタ作ったらユーザーが見つけてくれるよ」って言ってるようなもんで、元来のGoogleらしくない。これだと、デジタルクリエイティブエージェンシーやデジタルシフトしてるPR会社の話のまんま。

コンテンツが人を探している、人がコンテンツを探している...。

正直、どちらであったとしても、情報を探している人と情報そのもの最適な出会いの機会をつくることこそがGoogleっぽいと思うんだが。。。

クリエイティブなアイデアで乗り越えよう!

なんてことを言ってしまうと、Googleじゃなくてもいい。はっきりいって。 それ、広告代理店やPR会社の仕事だから。

Google在籍時に新メンバーの面接時には必ず聞いていたことがある。 それは、

「もしGoogleが検索エンジンでサービスを展開していなかったら、どんなビジネスをしていたと思うか?」

という、if の質問だ。

もちろん正答はない。

でも、Google自身はアルゴリズムを用い、世界中の情報を整理する、と言ってた会社なわけで、それは図書館のように単に情報を整理整頓して並べることを指すわけではなく、情報を探している人が最適な情報に出会えるようにすることであった。その情報がオンラインだけでなく、リアルの世界にも存在するから書籍のデジタル化や地図情報のデジタル化といったサービスが生まれたとともに、広告も整理されて適切なタイミングに出現すれば、邪魔をする嫌われ者から”価値ある情報”になると考えられ、AdWordsが生まれ、進化してきた。

そうした観点から考えると、上記質問の答えはなんらかのマッチングビジネスをやっていたのでは?なんてのが答えになる。

だからこそ、今回の記事には違和感というか、Googleも変わっちゃったね、これじゃ普通じゃん、という感じがしてしょうがない。

っていうか、この記事の内容だと、ほんと別に、Googleの人間が語る、って内容でなくていいよね。広告代理店やPR会社の話となんらかわらない。

Googleの面白さって、ニッチな情報であってもそれを必要とする人とちゃんと出会える仕組み、なようものを提供できるところであって、”人を振り向かせよう”とするような、マスマーケティング下で長く行われてきたマーケティング・マインドセットとは違うはず。でもこの記事では後者な感じがしてしまうんだよな。

人とコンテンツの出会いが organic じゃない。”ニュースつくって振り向かせよう”ってのでは。

ああ、つまらないな、、、こんなんじゃ。