読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

P&G、1600人のレイオフ。マーケターも含まれるということで。

デジタルなマーケティング

P&G to Cut 1,600 Jobs, Bank on Digital for Long-term Savings | Digital - Advertising Age.

「P&Gが1600人のマーケターをクビにして、伝統的マーケティング予算をカットして、デジタルマーケティングにシフトする」と思わせるようなツイートとかブログエントリーを見かけたのですが、「いやぁまさかあのP&Gのことだからそんなことやんないでしょう」と思って海外のニュースを辿ってみたらやっぱり違ったわけで。

1600人をレイオフすることは事実だし、デジタルマーケティングのスペンドを増やすのも事実のよう。しかし、ちゃんと読むと、非生産部門全体での1600人のレイオフで、しかも全世界規模13万人社員における話だし、あと伝統的マーケティングをカットするどころかオリンピックのスポンサードにお金をつぎ込むとか。

以下、AdAgeの記事より。

Chairman-CEO Bob McDonald said he expects P&G's advertising costs to moderate as it moves more spending into digital media, where the sheer number of options and availability of largely free distribution drives down expenses. In the short term, however, heavy spending on the 2012 U.S. elections is likely to put upward pressure on P&G's TV costs, he said.

デジタルメディアへのシフトはゆっくり続いてるとのこと。また2012年は大統領選挙があるのでその点でテレビ広告費の上昇があってファイナンスに影響がある可能性があるらしい。

"In the digital space, with things like Facebook and Google and others, we find that return on investment of the advertising when properly designed, when the big idea is there, can be much more efficient," Mr. McDonald said. He cited the 1.8 billion in free impressions generated by the Old Spice campaign in recent years, adding "there are many other examples I can cite from all over the world."

これがCEOの発言というのがP&Gらしいところ。何もマスメディアをカットすることを言ってるわけではなく、デジタルの領域ではちゃんと広告をデザインすればROIが非常にわかりやすい、という話。で、それが全世界で起こってるね、と。

P&G still expects to spend between 9% and 11% of sales on advertising in the long term and is stepping up spending this quarter and next behind its global Olympics sponsorship-related efforts, which he said the company expects to add $500 million in incremental revenues.

ちゃんと英語のニュースを拾ってみると、「日本でも起こる流れ」として、「伝統的マーケティングのコストをカットし、デジタルマーケティングにシフトする」ことではない模様。

そりゃそうだよね。ちゃんとマーケティングやってたら、「伝統的メディア vs デジタルメディア」なんて二項対立自体が不毛だってわかるわけで。