読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

最近話題の「ソーシャルグッド Social Good」って?

いいサイト まじめ 超まじめ

Investopedia というインベスター系サイトの辞書は意外とbuzzwordに強いので、たまに参考にしてるのだが、最近誤ったかのような定義、ニュアンスが見受けられる"Social Good"についても書いてあったので以下訳しておく。

※ちなみにもともとGOODのようなサイトを購読していて、ここで書かれている"Social good"が非常に幅広く、IT領域に留まらないものも入っているので、「ああ Social good って何もIT使った社会貢献という狭い話じゃないんだ」と理解し、かつ social wealth や common good、public good と言った言葉もあるのに何が違うのか?が気になってたので definition やどういうものと考えられてるのか調べようと思ったのがキッカケ。social wealth は社会資本的な意味合いで、social good は「行為」のようです。キリスト教世界観的に使われる「善行 good」という訳を当てはめたほうがわかりやすいかも。

Social Good Definition | Investopedia.

===================

Definition of 'Social Good' 'Social Good'の定義

A good or service that benefits the largest number of people in the largest possible way. Some classic examples of social goods are clean air, clean water and literacy; in addition, many economic proponents include access to services such as healthcare in their definition of the social or "common good".

大規模かつあらゆる方法での、多くの人にとって利益ある善行(good)ないしはサービスをさす。これに関する過去の例をいくつか挙げると、例えば: 空気環境の整備、水環境の整備、そして文字の読み書き能力(literacy)の向上などが含まれる。これらに加えて、多くの社会経済的な要素へのアクセシビリティ、例えばヘルスケアなどについても、社会的善行(social good)や公益(common good)として定義づけられることもある。

Investopedia explains 'Social Good' インヴェストペディアによる'Social Good'の説明

The capitalism-based definition of business states that companies exist only to provide the maximum possible return to shareholders. This has often not run parallel to serving the common good in ways such as promoting clean air and water, and financial independence for all citizens. As corporations focus more on corporate sustainability efforts and social responsibility, their business models may expand to include more social goods in their day-to-day strategies and operations.

企業は株主に対してあらゆる利益を還元するためだけに存在すると資本主義的には定義される。しかしこれらは空気環境や水環境の整備、すべての人が財政的に自立をするようなことを促すような公益と同時並行に進むことはあまりない。もし企業が持続可能で社会的責任をもった存在であるためにより努力するするのであれば、企業のビジネスモデル自体が日々の戦略とオペレーションのレベルからより社会的に善い行為(goods)を含んだものとして拡張されるべきだろう。

===================

Business Dictionaryによる定義はこんなところ

An action that provide some sort of benefit to the general public. "It was clear that the local church was committed to the social good because every year they donate food and clothing to the low-income families in the community." 世の中に対してある種の利益を与える行為を指す。例えば「地域の教会が社会的善行に関わっているというは明白なことである。なぜなら毎年、共同体内の低収入の過程に食料と衣服を与えているからだ。」

===================

もしかしてコトラーの『マーケティング3.0』は、ソーシャルメディアの文脈ではなく、↑の文脈で読めばより深くなるんじゃないでしょうか? あと Social media marketing ではなく、Social marketing もね。

ところで、こちらの定義にも企業のCSRは違和感があるとか、そういうことは書いておりません。むしろ、企業がより行うべきだ、っていうのが、investorの世界における話なのかもしれません。

あと social good って、ある種の citizenship の話とも言えるかも。グローバルエコノミーで言えば「世界市民」的な、ないしは社会的な存在としての市民による行いとも。

もしこのあたり social good の多様な"GOOD"を知りたいようであれば、こちらのサイトをオススメします。 http://www.good.is/

mashableのsocial goodコンテンツページもいいんですが、いかんせん、「ソーシャルメディアネタ」なものが多いので、こちらを参考にしている人たちは「ソーシャルグッドとは、ソーシャルメディアを通じた社会貢献活動」と勘違いしているケースも見受けられます(※ところで mashable は確かにIT系情報満載ですが全てがITがらみの記事ではありません。それについては mashable のトピックわけをみればまぁわかります)。海外記事の読み方にはご注意を。というわけで上記の GOOD のほうをオススメ。

ちなみにWikipediaにはまだ Social good としての定義は載ってませんね。Common goodと同じものとして、"social good"で検索してもリダイレクトされます。 ( http://en.wikipedia.org/wiki/Social_good は Common good についてのページになってます) まぁ近いというか同じようなものといえばそうですし。

あと Public good という言葉もあります。