読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

"「個人が好きな情報しかとりにいかない」社会だからこそ、「<欲しくない情報>も含めて、ちまたにあふれる情報を編集し、<知るべき情報>として再提示できる力」がメディアの存在意義になる"

未分類

Media Meltdown:メディアが、溶けていく (朝日新聞の新紙面|朝日新聞グローブ )

朝日新聞によるメディアの変容に関する取材。

必読。

タイトルに使ったのは、記事中にもある東大の石田英敬教授の言葉。

まさにこれまでのトラディショナルメディアの価値であり、この価値が”メディアが溶けた”時代にどう転換するか、だろう。

同じように広告業界においても、「メディアが溶けた時代」における、従来メディアの組み合わせによる広告プラン=“メディア・ミックス”ではなく、既存メディアの新たな使い方をも提案する“メディア・リミックス”な広告プランが必要となってきている。

また、興味ある情報を取りに来ている消費者に対するレレバンシー relevancy 志向な広告へのアンチテーゼとして、興味を持たせるためのアテンションとデマンドジェネレーション demand generation を志向した広告コンテンツ/クリエイティブも。

※この特集のWEBサイトのデザインがすばらしい。非常にエディトリアルデザインが効いたサイトで、紙媒体的読みやすさを持っている。WEBデザインのお手本としても注目したい。

2009年、あらたなディケードを迎えるための芽生えの年にしよう。