読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

アドフラウド問題に関するスキャンダラスな記事の書き方が気になる〜悪いのはアドテク業者や代理店”だけ”なのか?

アドテクノロジー業界 アドテク ディスプレイ広告 広告業界 業界研究・業界ニュース

 読売新聞が2/18付けで以下のニュースを出して以来、「アドフラウド」という言葉が業界の、いや世の中の(一部の)中でようやく注目されている。

www.msn.com

 しかしながらこの問題を、アドテク事業者や代理店を悪と決めつけるような書き方になっている記事を見るにつけ、ことの本質が歪められて理解が進むことを懸念している。

 元の読売の記事にも「閲覧水増し」とあるが、実際は業者が「水増し」をしているわけではなく、ボットなどに手を焼いてるのはアドテク事業者も同様であり、むしろ被害者側にいる。このあたりは、請求面で問題が生じた電通子会社の例の事件とは一緒にしてはならない。

thepage.jp

 電通子会社による「架空請求」は意図的に行われたものであるが、アドフラウドの問題はアドテク事業者、代理店、サイトも「意図的」に「水増し」をして行おうとしているわけではまったくなく、ボットetcによる被害者とも言える。

 また、現在のネット広告の世界は(とりわけ日本では成約などを目的としたコンバージョン志向の)運用型広告が大きな部分を占めており、このこともアドフラウド問題への理解をややこしくしているように思う。

 例えば、現代ビジネスに以下のような記事が出ていた。

gendai.ismedia.jp

 この記事を書かれた方は、ネット広告や広告業界のトピックで名のしれたジャーナリストという話ですが、すみません、私は存じ上げませんでした。

 さて、アドフラウド問題はネット広告における大きな問題ではあるけれども、一方で誤謬を誘うような記述があったりするのは懸念事項。上記の現代ビジネスに寄稿された記事においても同様で、(総論的に見ると同意できる箇所もあるのですが)そこかしこにネット広告業界への誤った認識やアドフラウド問題への論理的誤謬のある箇所があるのが気になる。以下、上記記事からの引用をしながら指摘していきたい。

 

続きを読む

マーケティングや広告業界で「新しい言葉」が出てきたときの「態度」

まじめ マーケティング業界 マーケティング・コンセプト 広告業界 手法/考え方

 マーケティングや広告の業界は、毎年毎年新しいキーワードが出現していて、業界関係者を踊らせる。しかしこれらの「新しい言葉」について、どのように接するかというのはある種の「態度」として重要だと思う。

 例えば、「バズマーケティング Buzz Marketing 」と「バイラルマーケティング Viral Marketing」とは同じなのか?違うのか?

 例えば、「ブランデッドエンタテイメント Branded Entertainment」とは「ブランドコンテンツ Brand Content」は同じなのか?違うのか?

 例えば、「コンテンツマーケティング」と「インバウンドマーケティング」とは同じなのか?違うのか?

 例えば、「インサイドセールス」と「アウトバウンドコール」とは同じなのか?違うのか?

続きを読む

2017年のマーケティング・広告業界展望

 2017年あけて5日目ですが、ビジネス面では本日で各社のスタートが出揃ったようですね。

 さて、例年通りであれば、『2017年の10の予測!』とかどこかに書きたいところなのですが、昨年より京都大学経営管理大学院の博士課程でのマーケティングイノベーションの研究をスタートさせ、いろいろとアカデミックと実務の両方で起きている渦を見ていると、容易に『予測』が書けなくなったというのが実際のところです。いや、ほんと大きな変化の年にはなると思います。ただそれは、5年ぐらい後に振り返ってみて「2017年は変化の年だった」と言われるようなものであって、年初に何かいえるものはないような、そんな感じです。

 唯一、CampaignAsiaからの依頼に基づき、2017年の展望をコメントしました。

続きを読む

他の企業は Amazon Dash Button の類似サービスを提供できない。

ウェブ・技術 ビジネスマインド 企業戦略 便利ツール 消費者行動・メディア利用 業界研究・業界ニュース

 日本でも提供がはじまった Amazon Dash Button 。

www.amazon.co.jp

 自分の周りでも、水や子供用のおむつなど用に登録し、手に入れてる人がちらほら出てきた。

 面白そうなのは IoT 時代に向けた(?)、白ROM、白SIMならぬ、白Dash Buttonともいうべき、デベロッパーバージョンの"AWS IoT Button"まで出てきていること。使い方の妄想は膨らむばかり。

aws.amazon.com

  この Dash Button は構造的にも仕組み的にもシンプルなので、他にも国内の流通なんかでも類似のサービスが出てきそうだ、たとえばイオンとかセブン&アイ・ホールディングズあたりが・・・と思ってしまうが、恐らく出してくるのは難しいだろう。

続きを読む

DeNA他キュレーションメディアが起こした“事件”は、検索エンジンが資本主義に負けたということ。

Google SEO/SEM コンテンツマーケティング ビジネスマインド 業界研究・業界ニュース 超まじめ ステマ メディアビジネス

 この2〜3年、ネットの、特にメディアやプラットフォーム、広告に関わる世界は混乱状態がずっと続いていると言わざるをえない。例えば2014年はインフルエンサーマーケティングやブロガーマーケティングの界隈での「ステマ」騒動がもっとも騒がれた時期だし、続く2015年は「ノンクレジットタイアップ広告」なる広告表記(ディスクロージャー)のない”記事広告”が大きな話題となった。それ以前にも口コミマーケティングおける金銭・物品授受の問題などはWOMJなどで取り上げられていたし、いわゆるデジタルマーケティングやネット広告と呼ばれる世界において、どこどこのアドテク系ベンチャーが上場していくらの値がついただの、いくらいくらで買収されただの、あそこの会社はキラキラ系の美人社員が多いだの、華やかに見えるストーリーの裏側は、黒ないしはそこまでもいかないまでもグレーなビジネスが多数ある。もちろんまともなビジネスをしている人々のほうが多い。しかし、華やかな部分がとりあげられる一方で、業界の中には、

「違法ではないので」

続きを読む