読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

アイドル!とか mixi とかはアイデンティティ論につながる

未分類

■「アイドル!|」 横浜美術館 YOKOHAMA MUSEUM OF ART

高校生ゲスト・キュレーター

本展では橘学苑高等学校デザイン美術コースの高校生をゲスト・キュレーターとして招きます。今回は「アイドル」をテーマにしていることからも、カウンター・カルチャーに最も近い距離にある彼女たちに本展の趣旨にたいする意見や、作品選定についての提案、関連事業の立案などを行ってもらいます。現在、高校生ゲスト・キュレーターによるブログの公開を予定しています。ブログ上では高校生自身が架空のキャラクターになり「アイドル!」展を紹介します。

ブログを使ったインスタレーション???とも言えるかも。

昔、大学生の頃に、音楽社会学を教わった小川博司先生(著書の『音楽する社会』は最高に面白い!)の「アイドル論」をふと思い出しました。

小川先生によれば、小泉今日子は「なんてったってアイドル」を歌うことでアイドルの虚構性・偶像性のようなものを明らかにしたっていってたっけ(確か)。アイドルがアイドルのことを歌うことで、生身の人間としての彼女自身と、みんなが作り上げるアイドルとしての小泉今日子を分離させた、とかそんな話。

G.H.ミードのような社会学者はアイデンティティっていうもの、「 自我 I 」 と 「 他我 me 」の二つに分けて、他人から見られている自分と自分から見た自分で構成されている、という話を書いていたが、そうしたアイデンティティ論とか行為論なんてのにもつながる(『G.H.ミードの社会学』あたりは読みやすいです。)

この辺考えると、mixi とかのような SNS や blog がなぜ流行るのか、結構社会学的に説けたりするんですよね。普段はこの辺、聞かれても話しませんが。

あ、こういうこと考えてたら昔書いたこんな記事あんな記事を思い出した。