読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

Coke "Happiness Machine"にみるブランドが持つ“キーワード”の重要性

未分類

Cokeが大学に仕込んだ一大の自動販売機から始まる"happiness"あふれるシナリオ。

このシカケはクリエイターの頭の中だけでポンっと生まれたものではないと思う。

もっとも重要なのはCokeというブランドがこの数年、"Happiness"をキーワードにしていることにある、と思う。

Pepsiとの比較広告競争を経てCokeが行き着いたのは、コモディティ商品だからこそ、このブランドは何を消費者に「与えることができるのか?」をメッセージとして送り続けることなのだろう。それが"Happiness"。

YouTubeで "Coke Happiness"と検索すると、あの"Happiness factory"のシリーズ以外にもこの言葉の配下でいろんなことをやってるのがわかる。

ブランドとしてのステートメントやキーワードが存在しないものにいいキャンペーンは生まれない。

そう、再認識された企画。