mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

2005-07-04から1日間の記事一覧

日本の広告・メディア史の中で注目すべきこと(その2)

読売新聞社社主として長きに渡り、日本のメディアの発展に貢献した正力松太郎によって、「ラジオ欄」が作られた。つまり、今新聞では普通になった「テレビ欄・ラジオ欄」の生みの親ということ。 もともと警察官僚だった正力氏が読売新聞の社主になったある時…

日本の広告・メディア史の中で注目すべきこと(その1)

電通第四代社長で日本の現代の広告業界の礎を築いた巨人、吉田秀雄は43歳の若さで社長に就任。 やはり、若いからこそ(当時としては)新しい色々なメディアにチャレンジできたのだろう。新聞出身ではあったが、テレビの可能性に注目し、広告主へもテレビのも…

広告の未来について、私見

今日、渋谷の某女社長とお茶をする機会があり、話をしている中で自分の頭の中に広告の未来についてなんとなく整理が付いてきたような気がしたので、ここに書いておく(人と話をするとホント脳ミソがまとまる)。