読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

podcasting と 大手広告代理店の蜜月はあるか?

未分類

■ 電通とcci、Podcastingコンテンツの広告を任意に差し替えるサービス

そういうことじゃないんだけどな...。

これじゃただの「タイム提供」だ。

このモデルがぶちあたりそうな壁

1) 広告枠の拡大 (=ラジオ局の番組制作方針が左右する)

2) 広告主の安定的な確保

3) 配信規模が明確に。その分の効果の保証。

4) コンテンツそのものマーケティング。どのぐらい subscriber を確保できるか。

5) podcasting という技術の方向性に左右される。つまり iTunes にも。

6) 「広告の優先順位などに応じて動的に自由に組み合わせ」と書いてあるが、もしこれがなんらかのオークション形式にあたるのであれば、某社にパテント使用料の支払いが必要になる。

etc..................


参考になるのは Podango かな。

Podango のモデルが "Podcast Advertising via Podcast Statinons" なのが一つのヒントです。

podcast は、それを聞くポータブルデバイス/ソフトウェア/番組/ステーション、といった要素によって構成されます。ここが大きなヒントです。

つまり、番組に広告をひっつける、ってことに注目するだけでは、ビジネスとして拡がらず、新しいメディア形態の中では対応できないでしょう。

結局は、これまでのメディアビジネスのスキームと同じなら、伸びしろはほとんどないんじゃないかな。ヘタすると収益上がらず、赤字になるかも。


とはいえ、これプロジェクトやってる人、よく知ってる人なんですよね。。。


↑ はエールだと思って、乗り越えてくださいませ。。。