読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

マーケティングという「圧力」

つらつら まじめ 書籍紹介

一部では知られた若手社会学者の西田亮介(東京工大所属)が、新たな本を出すようです。

タイトルは『マーケティング化する民主主義』ということになってますが、実際には「マーケティング」の本ではなく、政治とメディアと民主主義の内容です。

マーケティング化する民主主義 (イースト新書)
西田亮介
イースト・プレス (2016-04-10)

この本で意味する「マーケティング」とは、マーケティングや広告業界の人々が考える意味よりではなく、すなわち「圧力」と同義で取られていることなんですね。これ、なかなか考えさせれる話じゃないですか?

多分、マーケティングの人がみたら、「お、なんかマーケティングをポジティブに民主主義に使おうって本かな?」って初見では思うかもしれませんが、「マーケティング」という言葉の使われ方は全く逆。

マーケティングの外部からの見え方としては、マーケティングはすなわち圧力、ないしは暴力として見られているのかもしれない。

そりゃマーケティングって、普通の人からは嫌われる可能性高いよね、と思わされるタイトルと中身です。

インバウンドマーケティング的な考え方は、企業側から圧力を与えるのと真逆と言えるもの。 マーケティングを「圧力」と考えると、今のマーケティング業界が反省→改善しなければいけないことはゴマンとありそうです。

4月10日発売。

photo credit: Fire Pressure via photopin (license)

※本ブログに書かれている内容などについて、より早く、より濃く、よりインタラクティブに情報が欲しい方は、以下のコミュニティへの参加検討もどうぞ。

unlearning-blog-bottom-CTA01