読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

"Database of Intentions"の訳(続き)

未分類

John Battele 本人のブログの中で、"Database of Intentions"に関して書いてありました。


The Database of Intentions is simply this: The aggregate results of every search ever entered, every result list ever tendered, and every path taken as a result. It lives in many places, but three or four places in particular hold a massive amount of this data (ie MSN, Google, and Yahoo). This information represents, in aggregate form, a place holder for the intentions of humankind - a massive database of desires, needs, wants, and likes that can be discovered, supoenaed, archived, tracked, and exploited to all sorts of ends.


これを見るとやっぱり、"Database of Intentions"は「意志の(集まった)データベース」という訳が正しいようですね。「意志あるデータベース」のようなものではない。


日経BPさん、次の版ではぜひ修正してください。というか、この本の中での一番重要な箇所が誤訳とは...