mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

7/18 アドテック関西(京都)に登壇。ネイティブ広告についてディスカッションします。

登壇の告知です。

来たる7/18から20にかけて京阪神で開かれる『アドテック関西』の京都会場にて「ネイティブ広告のビジネスとしての可能性」というテーマでパネルディスカッションを行います。

 

adtech-kansai.com

 

このセッションは事務局側の方々がこちらの難しいリクエストについて応えてくださった結果、開催が可能となっております。ありがとうございます。

さて、「ネイティブ広告」については過去いろいろなところでセミナーやパネルディスカッション、業界メディアでの記事などで取り上げられてきていますが、そのほとんどがコンテンツマーケティングの入り口的な観点やクリエイティブ的な話や、いわゆる記事広告やスポンサードコンテンツと“混同”されたネイティブ広告の話だったり・・・という状況があります。なので、こうしたテーマについては、もうみなさんあちこちで聞いてきたことでしょう。

そこで今回のパネルディスカッションでは、より「媒体社のビジネスとしてのネイティブ広告」や「ネイティブ広告のマーケティング価値とその事業化」という観点を持って、以下のテーマで「ネイティブ広告」の現在とこれからを話すセッションにする予定です。

  • ネイティブ広告の取引形態・販売モデル
  • ネイティブ広告のプログラマティック取引の理想形
  • 媒体社の収益向上・収益モデルの多様化としてのネイティブ広告
  • 広告主にとっての新たなブランディング手法としてのネイティブ広告の可能性
  • ネイティブ広告の現在と未来
  • RTB2.x, Native1.1
  • ネイティブ動画広告がもたらすブランドリフト
  • Dynamic Creative Optimization

などなど・・・

”緩い“話でまとめるセッションではなく、聴衆の脳みその中をこねくり回し、場合によってはついてこれないぐらい先を見て、媒体社と広告主のマインドセットを変えるようなものにしたいと思っています。

現在発表済み登壇者は、The Trade Deskの新谷カントリーマネージャーと私だけですが、媒体社側からも登壇内定済みです。

このセッションについては、参加された皆さんにがっつりと後につながる学びを持って帰ってもらうつもりです。

 

主に媒体社の方、ネイティブ広告の深いところを知っておきたい広告主のみなさま、時間が許せばぜひご参加のほどよろしくお願いします。