読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

Hello! "EPIC" 2014年には間に合わなかったね。

つらつら ウェブ・技術 オンラインメディア/デジタルメディア

Googleが文章・ニュースの見出しを自動生成する機械学習アルゴリズムを発表、とのニュース。ディープ・ラーニング。。。

japan.cnet.com

 

このニュースを読んで、「コピーライターや編集者も要らなくなる?」と妄想をふくらませる前に、2004年、つまり干支を一周遡った昔にWebに公開されたある映像を思い出した。

2004年以降のメディアの変遷と状況を、Museum of Media Historyが2014年に公開したという想定の映像『EPIC2014』である(のち発展版の『EPIC2015』も登場)。

 

www.youtube.com

 

この中で MSN はニュースをランク付けし、ユーザーがコメントをつけあえる新たなニュースサイトとして"Newsbotster"というもの2007年に立ち上げるとか、New York Timesがオンラインのビジネスをやめ、オフラインの事業だけに集中するとしていたり、10年前に想像された「未来」が映像化されていた。

他にもGoogleがAmazonが1つになり、"Googlezon"というものになって、2014年には個人の情報などをもとにニュースを自動生成する「EPIC」というものが出てきた、というエピソードになっていて、ユートピアともディストピアともいえない、「得体のしれない」未来像が描かれていて、当時この映像を見た多くの人々が衝撃を受けた。

今回のGoogleの見出し生成のアルゴリズムは「EPIC」には遠く及ばない。『2001年宇宙の旅』に出てきたPANNAMの宇宙船は実現してないし、そもそもPANNAMが存在しない。2003年生まれの鉄腕アトムもまだいない。未来を描いたSFは、残念ながら的確に次代を当てる予言にはならない。

しかし、考えてみればSFで描かれた「年」には間に合わなかったものの、大きく遅れて実現してきているような気もするのだが。

 

 

[宣伝]

上記のような国内外のマーケティング、スタートアップ、新ビジネス、マーケティングのニュース、コラムetcを共有している有料サロン" を運営しています。ご興味ある方は以下からどうぞ。

synapse.am