読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

AbemaTVがうまくいきそうと思ってる理由と昨今の新しいメディアに対するメディア業界人の批判について思うこと。

僕がAmebaTVがすごいなと思うのは、コンテンツの質が高くないことにある。

 
もしAmebaTVが「テレビ」を目指すのであれば、この質の低さが勝負になる。
 
そもそも今の「テレビ」っていくつかの番組、局を除けば「質」なんて高くないじゃないですが、「バラエティ」ばかりで。じゃあAmebaTVのように、「バラエティ」のバラエティを増やせばいい。でもバラエティ増やせばコスト増えるところを、うまくコスト増えない仕組みでやってる。
 
ちゃんとAbemaTV独自番組の番組の作りを見た方がいい。このあたりがほんとうまい。
 
AbemaTVは「テレビには勝てない」っていう人もいるけれども、テレビだって、新聞のラジオテレビ欄で紹介された結果、視聴者増やしたというのは、読売新聞の正力松太郎がやった功績じゃないですか。テレビが王様じゃなかったわけで。
 
そんな過去の歴史を知らないかのように語るテレビや新聞の業界人は、自分が属するメディアの最初期について不勉強すぎると思いますよ。
 
どんなメディアももともと「新しいメディア」だったことがある、という理解がなければ、今起きてる新しい出来事の将来を予測・想像することなんて到底できません。
 
なので、AbemaTVのようなものを見て、まったくイロジカルに「うまくいかない」と感情的にいってるメディア業界人は、自分たちの所属するメディアも、もともと「うまくいかない」と思われてたかもしれない、という理解がなさすぎです。
 
つまり、過去の人々が作った苦労の上にのって自分たちが生きられてるということを理解してないことに等しい。先人を敬ってないという意味で甚だ恥ずかしい話ではないかと思いますよ。
 
ちなみにこれは広告業界人にとっても同じです。
 
メディア、広告、マーケティングビジネスにおいて、新しく起きてることを思慮浅く批判することは、天に唾はくこと、また、先人を軽んじることに等しいです。
 
 
 

上記のような国内外のスタートアップ、新ビジネス、広告・マーケティングのニュース、コラムetcを共有している有料サロン" mediologic.com/unlearning"を運営しています。ご興味ある方は以下からどうぞ。

synapse.am