読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

開かれたケータイ・サービスへ

未分類

■携帯電話の番号ポータビリティ、2006年11月より開始へ--総務省が意見募集 (CNET)

いつ始まるのやら、遠い先の話だよね。と思っていたらもう1年後の話。

どこのキャリアが勝つのかはまだまだわからないけれど、先に番号ポータビリティを導入したお隣韓国については、激しい顧客争奪戦結があったけど局導入前と変わらないシェアになっている模様。ただし韓国の場合はキャリアの数が大きく変化するわけではなかった。日本では既存のキャリアに加えて新たに3社が加わるわけなのでちょっと事情が違う。もう誰もが携帯電話を持っている時代で、新規加入者数は望めない状況にこれら新キャリアが入ってくるとなると、既存キャリアからのブランドスイッチ=既存キャリアの加入者減に結びつくことはまぁ間違いないだろう。

さて、新キャリアで一番注目されているであろうソフトバンク。モバイルコンテンツ上では、Yahoo!との連携が想定されるが、すでにこのようなサービスをスタートさせている。

■Yahoo!コンテンツストア

これまでのモバイルコンテンツ市場は、キャリアのネットワーク内でのクローズドなマーケットだった(つまり「インターネット」ではない)。しかし決裁プラットフォームが整えば、オープンなマーケットとなる。このY!コンテンツストアはすでに稼動しているYahoo!ウォレット(Y!ユーザー向け決裁システム)と結びつき、オープンなネットワーク(=インターネット)でのコンテンツ・コマースが本格的に始まる、ということだ。

開かれたモバイル・コンテンツ・マーケットが、携帯のデザインでしか勝負するほか無かった携帯マーケットを活性させるかどうか?この点、少し楽しみである。