読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

行動に対するマーケティング

未分類

なにやら某社が「ビヘイビア・マーケティング部」なる部署をつくるらしいが、USなどで話題になり、かつ日本でも今年からスタートしだす、Behavior targeting とはどうも違うような、金になりなさそうな話で、かつ、Behavior Targeting の本来的な考え方を誤解されないように、ここに、非常にわかりやすいエントリを見つけたので、メモ的においておきます。


■行動ターゲティング vs 文脈ターゲティングpt.1 ~まずはネット広告の歴史から (Behavioral Targetting VS Contextual Targeting)
■行動分析型ターゲティング~AD:TECH2005

ネット広告のこれまでの歴史も踏まえて書いてあるので、わかりやすいです。


正直、いくら消費者の行動を正確に分析することができたとしても、その行動に対して的確に広告を送り届ける仕組みがないと、なんの役にもたたない、頭でっかちな話にすぎないんですよね。

結局は、ビヘイビア(行動)に応じて広告を出せる仕組み、ってのを開発or普及させることができるかどうか、みんなが使えるかどうかだと思います。

これは、質より量、ではなく、質と量、の世界なので、一社が囲い込んで行えるビジネスではないので、従来のような、代理店型買い切りビジネスでやってたら、ほぼほぼうまくいかないですね、きっと。

ちなみに「消費者行動分析」という「分析」というフレームは、ミクロ経済学・心理学・社会学の領域でずっと前からあるものです。

たとえば、このあたりを見ていただければ、よいかと。

広告会社における取り組みとしては、2001年にエンバイロセルのパコ・アンダーヒルと提携したココなんてのは、今振り替えれば非常にすばらしい。
でも、広告会社においてはこの領域ってなかなかビジネスになりにくいと思うんですよね。

その理由は、

1)結局、メディアのコミッションビジネスが染み付いていて、フィーで稼ぐモデルが、様々な要因で進めにくい
2)いいプラニングをして、うまくいったといっても visible なものになりにくい。

なので、広告会社においては、ビヘイビア・ターゲティングという、メディアビジネスのモデルで展開するか、あるいはビヘイビア領域専門のコンサル会社つくるか。。。といったことをしないと金にはならないんじゃないかなあ。

ふむ。

まぁ、「行動分析」「購買行動分析」については、色々本が出ているので、そちらもあわせてどうぞ。

まずはこれがおすすめ。

消費者行動論
消費者行動論
posted with amazlet on 06.03.16
平久保 仲人 ダイヤモンド社 (2005/05/19)売り上げランキング: 9,607
おすすめ度の平均: 4
4 あくまで理論であり型(フレームワーク)として読みましょう4 初心者にも分かりやすい、文章でよかった。

著者の平久保さんは、この本、の著者でもあります。

消費者行動研究の新展開
阿部 周造 新倉 貴士 千倉書房 (2004/11)売り上げランキング: 53,951


消費者行動論
消費者行動論
posted with amazlet on 06.03.16
北原 明彦 創成社 (2005/06)売り上げランキング: 93,578


ちょっと古いですが、変遷を知るためにもこの本もオススメ。

消費者行動とマーケティング戦略
池尾 恭一 千倉書房 (1991/09)売り上げランキング: 453,267


パコ・アンダーヒルの著作はこの辺。面白く読めます。彼は基本的に「小売」のマーケティングですが、トータルなマーケティング戦略を考える上で示唆に富みます。

なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学
パコ アンダーヒル 鈴木 主税 早川書房 (2001/02/22)売り上げランキング: 12,465
おすすめ度の平均: 4.19
4 日々感じていることを裏付けてくれる5 プロの仕事3 入口には物を置かないで


なぜ人はショッピングモールが大好きなのか
パコ・アンダーヒル 鈴木 主税 早川書房 (2004/05/19)売り上げランキング: 94,212


ついこの店で買ってしまう理由(わけ)
博報堂パコ・アンダーヒル研究会 小野寺 健司 今野 雄策 日本経済新聞社 (2005/07/02)売り上げランキング: 8,949
おすすめ度の平均: 4.5
5 私も早速観察しました3 私は前著のほうをお薦めします。5 店作りの方法が楽しく身につく本


消費者購買行動の管理科学モデル
吉永 雄毅 多賀出版 (2003/07)売り上げランキング: 293,364


こちらは、心理学的な立場からの「行動分析」。マーケティング用ではないが、「行動分析」という言葉のはらむ幅広さを知るのによい本。

行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由
杉山 尚子 集英社 (2005/09)売り上げランキング: 2,038
おすすめ度の平均: 4
5 行動分析学を人材育成に生かしたい3 教科書的過ぎ・・・4 「新しい」心理学