読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

消費者行動=情報処理行動

まじめ 広告に関するアカデミックな

消費者情報処理理論(研究)というのがある。英語でいうと、Consumer Information Processing 。

この理論(研究・モデル)は、消費者行動を、情報処理活動として捉えるアプローチを指す。認知心理学や脳科学からの派生もある。 非常に今注目すべき。特に消費者サイドがproactiveに情報行動をとる(価格.comや@cosmeなどを参照)現在において。

中心的な概念として、

・消費者は感覚レジスタ(目や耳など)を通じて情報を取得する=外部情報 ・長期的に記憶内に蓄積された情報を持つ(購買経験など過去の情報)=内部情報

これらの短期記憶/外部情報と長期記憶/内部情報を整理統合し、かつ目的・動機づけがなされた場合、購買行動が起こる、というもの。

なので、AISAS的な線形モデルよりもう少し複雑で、消費者とブランドとの過去の資産(僕はこれを最近、”コミュニケーション資産”と呼んでいる)をも考慮したうえで、プラニングをしなければならない、と考えさせられる研究領域。