読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

検索企業のブランドネームと、検索クオリティについての消費者のパーセプション

未分類

■Flickr創設者S・バターフィールド氏インタビュー--Flickr誕生からヤフー退職まで:インタビュー - CNET Japan


このインタビューのくだりで、

少し前に行われたすばらしい研究では、研究者が、検索エンジンの名前を隠して、検索結果を人々に評価させました。次に、Microsoft、Yahoo、Googleの検索結果を名前と一緒に見せ、人々に評価させたのです。
正確な数字は思い出せませんが、80%以上の人がブランドを検索結果の正確性の判断基準にしていました。ということは、たとえば、Yahooの検索結果をGoogleの名前で提示した場合、人々はそれらの検索結果を非常に正確だと評価するでしょう。人々はそのようなものに左右されることを認めたがりませんが。

面白い。その研究データを見てみたい。

検索のクオリティというのはユーザーから見てみれば「ブランド」だと。

と、するなら、検索結果がもたらすエクスペリエンスも、検索関連企業にとって非常に重要なブランディング、となるだろう。