読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

最大公約数マーケティングを考え直す

未分類

地域の生活に対応したサービスがある。

スキー・スノボをやるために新潟・群馬・長野などに行くとちょくちょくお世話になる、『コメリ』というホームセンターがある(実際には北海道から中・四国まで展開されている)。

そこで目にするのが「収穫期払い」のクレジットカード

普通のクレジットカードは、夏冬二回のボーナス払い。
そこを収穫期として地域にあわせたサービス展開を行っている。

通常、商品・サービスは、最大公約数で作られている。
もちろんそのほうがマーケットを見据えやすい。
しかしながら、最大公約数以外の場所にいくらでもサービス開発の余地はいくらでもあるのだ。

商品開発の際のセグメントを、年齢・性別・職業・サイコ、以外のセグメントで切ると、思わぬヒントを発見するかもしれないのである。