読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

掘り出し上手

未分類

僕のものの考え方について、よく聞かれるので。

僕が一番大事にしている能力に「セレンディピティ serendipity」というのがあります。
というか7-8年ぐらい前に知って、「あ、これだ」と思った言葉なのですが。この訳語は色々あります。しかし、僕が一番好きな訳語は「掘り出し上手」っていうもので、「色々探しているうちにいいものを見つける」、といった能力を指します。

面白いのが、メディア論の創始者マーシャル・マクルーハンは自らのメディアへの探求を probe といっていて、「手探りをしておこなう金庫破りのようなもの」と彼自身言ってます。

「探っていくうちに身に着ける直観力(直感力ではない)」とも言えるかな。

なので、僕はどうしても論理的思考の人、と思われがちなんですが、実は全然違います。むしろ感覚重視です。

「あ、これなんかおもしろいな」、「あ、これなんか変だな」と思うことが先にあって、そうしたものはセレンディピティ的なもので発見されていて、じゃあ「なぜそう思うのか?」を考える。で、その結果、こうでこうだからこうなんだ、が見えてくる。それを人に伝えるとロジカルに思われる。

といった、感じなんです。

当然、コトバでは尽くせないこともあるので、これが全てではないんですが、「こうこうこうだからこうなんだ」という演繹的な考え方から先に入ることはほぼありません。たくさんちらばっていることをぼーっと見ていてふと気づく、という帰納法的な考え方をしていたりします。

こうした能力を上げる一朝一夕な方法はきっとありません。
ふだんから、いろいろなことに目を向けて「気づいてみる」という作業を繰り返すしかないかもしれません。

竹の子や松茸掘りの名人は、竹や木の根っこだけを見ているわけじゃないそうです。むしろ山全体を見て、周囲に生えている木や土の具合を見て、把握しているそうです。

おなじように一箇所をじっと凝視するわけではなく、たまには山全体を、たまにはそれぞれの木を、そして足元を、見る、という作業を仕事においてもしていけばきっと、セレンディピティは身につくんじゃないでしょうか。


↓これがセレンディピティというコトバのもとになった物語で、もともとは18世紀の英の作家ホレース・ウォルポールの『セレンディップの三人の王子』というものです。セレンディピティ自体が彼の造語。物語は、三人の王子が巧みに珍しい宝を絶えず発見する、というものです。

セレンディピティ物語―幸せを招ぶ三人の王子
エリザベス・ジャミスン ホッジス Elizabeth Jamison Hodges よしだ みどり 藤原書店


↓最近は、セレンディピティをテーマにした本も増えてます。

偶然からモノを見つけだす能力―「セレンディピティ」の活かし方
沢泉 重一 角川書店 売り上げランキング: 52,770
おすすめ度の平均: 3.2
3 堅く考えないでもセレンディピティで自由な発想4 「偶察力」を高める術4 セレンディピティは能力である