読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

全編をケータイで撮った映画登場

未分類

■ SMS Sugar Man

南アフリカ人監督 Aryan Kaganof が無謀ともいえる試みに挑戦。
なんとケータイのカメラで映画を撮った、という。

同サイトからの抜粋によると

The film is not only actually shot on cell phone cameras, in itself a revolutionary breakthrough, but the cell phone plays a vital role in driving the film's narrative - in effect functioning as a dramatic character.

ケータイは単なる撮影器具なだけでなく、映画の中で重要な役割を果たし、

All the lead actresses carry a cell phone and constantly film each other. Thus the traditional cinematic practice of having a "cast" who are invisibly filmed by a "crew" of technicians - is radically subverted.

「キャスト」と「撮影スタッフ」というこれまでのやり方を劇的に破壊している。

This conceptual leap mirrors the tremendous empowering effect that cell phone technology has had on our every day lives.

このこと自体が、日常生活におけるケータイ技術の多大な影響をあらわしているとともに、

The plot of the film is entirely driven around the potential that cell phones have to enable us explore new forms of communication and new ways of representing ourselves. The consequences of these innovations are hardly studied as yet, and SMS SUGAR MAN makes a contribution to our understanding of how significant cell phone technology has been on our evolutionary social development.

ストーリーの中では、携帯電話がわれわれの生活にもたらす新たなコミュニケーションのスタイルや、自分自身の存在というものを表す可能性が語られている。ケータイによる革命がもたらす結果についてはまだまだ研究の余地あがるが、この映画はケータイがもたらす社会環境の変化について大きな理解をもたらすのに役立つと考えられている。

Cell phone media have become so much part of our daily living that it would be impossible to conceive of an urban environment without them. SMS SUGAR MAN is a prescient glimpse into the near future when all our most basic relations with each other are informed by cell phone use, including sexuality and spirituality.

ケータイはわれわれの生活にとって不可欠なものとなった。近い将来、ケータイによってどのように基本的な人間関係が形作られるのか? を垣間見ることができるような映画として作られている。

うーん、なんか面白そうじゃないですか。9月ごろ公開らしいので待ちましょう。

ちなみにこれも「チープ革命」ってヤツですね。