読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

一部で話題のあのキーワードの商標登録について

未分類

さて。

[surveyml] というメーリングリストにて、電通が、「AISAS」を登録商標としている、という点で盛り上がっている。

すみません。みなさん、それほどまでに、AISAS というモデルを信奉(?)されていること自体が私には驚きです(笑

確かに「わかりやすい」ですけど、AISASってモデルって、消費者の情報行動/購買行動の一部を指しているに過ぎないし、逆にみなさんがこの言葉に踊らされてるような気がするのは僕だけでしょうか?

たとえば、AIVYのもちのさんの、このあたりの話(1)(2)(3)や、手前味噌ですが私のこのあたり(4)(5)のように、もう少し細かく、ちゃんと消費者行動を考えたほうが、ちゃんとしたマーケティングプランには役立つのではないでしょうか。

私自身は、AISASというモデルについては疑問を感じています(いや、サーチとシェアについて端的にあらわしていて、業界にこれだけ普及させた、という点で超リスペクトしてますよ!、関西のA山さん!! むしろこの概念をもっと詳細にして発展させるための議論です!)。たとえば「消費者は検索してシェアするだけで終わりなの?」ということ。

AIDMAモデルの置き換えとしては、広告業界的には確かにAISASとしたほうがわかりやすいし、広告主を説得しやすい。しかしながら正直、AISASだけでは、いいマーケティング・コミュニケーションのプランなんてとてもじゃないけど立てられません。

AISASという言葉が流行った一方で、テレビCMにおける「続きはネットで!」とか「検索してね!」の乱発、や、「クチコミ・マーケティング"ブーム"」を産み出してしまっているとしか思えませんが。

代理店の友人(企画系)などは、「営業から、とりあえずAISASって入れといてって言われて困る」なんて嘆いてます(泣

とりあえず、僕らは踊らされるべき相手は「コンシューマ」であって(笑)、言葉とか用語に踊らされている場合じゃない、という気がします。

とはいえ、電通さんの商標登録について、「業界内での乱用を防ぐため」と見るか、「自社の独占としたい」と見るかは皆さんの解釈次第でしょう。しかし、電通=「コンタクトポイント」、博報堂=「タッチポイント」のような、互いの「言葉のとりあい」だけは、なんか意味がないなー、と思うので、電通さんの競合他社が、ただただ「向こうを張る」ためだけに、またまた【A****】なんてのを出してくるなんてことになったら(追記:すみません、ありました(9p参照のこと)(笑))、80年代の「分衆」とか「個衆」とかいろんな言葉を出し合ってたのと同じく、「広告業界のお家芸」として、ほほえましいものとして傍観させていただこう、という気分なのですが、みなさんいかがですか?(笑)