読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mediologic

メディアと広告とマーケティングと。

ヒゲチェンバリエーション in YouTube に見る、“ユーザーマッシュアップコンテンツ”という考え方。

未分類

今話題の、Shick のキャンペーン、『ヒゲチェン』ですが、YouTubeユーザーの手にかかるととんでもないことに(笑

『ヒゲチェン』がうまくいった理由はまさに以前エントリで書いた、“ユーザーの手を借りたマーケティング”なわけだが、メインとなる hige-chen.com だけで起こっているわけではなく、その先に YouTube においても増殖している。YouTubeに多数上げられているこれらの映像はさすがにキャンペーンプラナーのアイデアの外にあったかもしれないが、ここまで設計できると、ユーザーイニシアティブなマーケティングコミュニケーションができるだろう。その際にはこの YouTube にあがっているような、もともとの映像やプラットフォームは企業が用意し、それをユーザーが“いじりたおす”ことができる“ユーザーマッシュアップコンテンツ”がキモとなりそうだ。

では、YouTubeにあがっているとんでもない“ヒゲチェン”をご覧ください(笑

ひな人形でヒゲチェン
ツタンカーメンでヒゲチェン
オムライスでヒゲチェン
宇宙人でヒゲチェン
マネキンでヒゲチェン
おかめでヒゲチェン